新出波斯教残経に就て,责任编辑

图片 9

原标题:【每日荐书】《二战中的巴黎:纳粹铁蹄下的欲望、背叛与死亡》

原标题:林生海:日本學者三夷教相關論著目録

原标题:阳姜

图片 1

图片 2

图片 3

【作者】[美]提拉•马奇奥

日本學者三夷教相關論著目録

图片 4

【出版单位】台海出版社/斯坦威图书

林生海(安徽師範大學)

图片 5

有一个消息迅速传遍了巴黎全城:前天一位德国民族主义者企图刺杀阿道夫•希特勒未果,遭到惨败。这对于抗德运动而言是个重大损失。

一、论文

云南阳荷

弗兰克知道这个刺杀计划的很大一部分内容是在他举行的鸡尾酒会上酝酿成形的。他之所以知道内幕,因为他本人也参与其中,至少沾个边。

羽田亨,新出波斯教残経に就て,東洋学報通号,247-263,1912-5

图片 6

丽兹大酒店的穿堂里已经挤满了海恩里希•希姆莱手下那帮臭名昭著的党卫军士兵。甚至对刺杀希特勒计划一无所知的德国人也吓坏了。冯•斯图普纳格尔将军受命立即返回柏林,那天早晨在巴黎城外的路上企图自杀,此时已被盖世太保拘押起来。冯•霍法克与另一位德军上校汉斯•斯派达尔一起失踪了。

原田淑人,唐小説杜子春伝と祆教,東洋学報6(3),423-427,1916-10

图片 7

弗兰克曾经为他们这些人担任过代理人。

石田幹之助,支那に於いて出版せられたる回教文献に就いて,東洋学報8(2),308-314,1918-5

图片 8

由于很多纳粹高官卷入到遭到惨败的刺杀行动中,盖世太保不会立即盘问他。反倒是布兰琪•奥泽罗成了他们真正的累赘。6个星期前,盖世太保于6月6日逮捕了她,当时她轻率地跑到外面庆祝盟军部队在诺曼底登陆。她是犹太人,弗兰克知道这一点,因为他曾经帮她伪造过护照。她也在为抵抗组织工作。

石田幹之助,アー・フォン・ルコック『高昌古址発見トルコ文摩尼教遺文攷』第2冊,東洋学報12(3),409-415,1922-10

图片 9返回搜狐,查看更多

实际上弗兰克知道至少还有两名丽兹大酒店的员工也在从事抵抗活动。无论如何,大部分员工都知道这一秘密。丽兹大酒店范围毕竟有限,不可能藏住一切。此刻他们全都面临着忠诚与勇气的最终考验。会不会有人屈服于恐怖环境,把他们全部出卖给盖世太保?是否还有什么办法向他们当中最薄弱的环节发出警告?

桑原騭藏,大秦景教流行中国碑に就いて(『桑原騭藏全集』第1集,岩波書店1968年),『東洋史説苑』,弘文堂,277-314,1927-6

责任编辑:

弗兰克晃动着身体穿上白色外套,整理了一下夹鼻眼镜,思绪又回到了前一个星期。上星期五是攻克巴士底日(7月14号)——法国国庆日。作为形势迅速发生变化的一种象征,十万巴黎市民走出室外,勇敢面对军政府的装甲车毫不示弱,并且用枪声和火堆封闭了街道。德国军政府采用威胁手段平息了示威活动,但是天空中第一次散发出一股明显的烟火味道,显示出愤怒的抵抗迹象。

神田喜一郎,祆教雑考,史学雑誌39(4),381-394,1928

那天夜晚,斯派达尔上校出人预料地回到了巴黎。自战争爆发起,他在丽兹大酒店一住就是好几年。当时他于1940年首次担任巴黎最高司令官的参谋长。巴黎陷落后头两年他负责监督丽兹大酒店的运行情况,主要是平息外交纠纷,向客人解释为什么在战争期间鱼子酱货源不足等问题。丽兹大酒店也是他履行第二个使命的最佳场所:他受命扶持一批使巴黎文化保持活力的优秀艺术家、科学家。这也是元首高瞻远瞩的特意安排。实际上阿道夫•希特勒在德军占领时期的第一个夏季访问巴黎时,为他担任导游的人正是汉斯•斯派达尔。

石田幹之助,祆教叢考:神田學士の「祆教雑考」を読みて,史學雜誌34(6),1928

现在斯派达尔又继续处理军政要务,大部分时间在距城外25英里的拉罗什吉永城堡度过。那里是区域性的军事指挥部。4月份他又被任命为陆军B集团军陆军元帅,素有“沙漠之狐”之称的埃尔温•隆美尔的参谋长。自那时起,他一直没有回来过。汉斯这次重返巴黎时,丽兹大酒店使他有一种回家的感觉,每个人还都记着他。

桑原騭藏,祆教に関する一史料,史學雜誌39(7),1928

弗兰克回想起往日那诸多风险和脆弱环节,回想起酒店员工一次又一次逃过德国人注意的情景,他不能不想到汉斯•斯派达尔。因为汉斯是怀疑布兰琪真正身份的德国人之一。据说早在20世纪20年代,她就以布兰琪•鲁宾斯坦小姐的身份乘船来到了巴黎。那时她是一位美籍德裔二流电影明星(犹太人),也是一位埃及花花公子的情人。可可•香奈儿一开始也知道她早年的一些秘密。有一天,这位逐渐衰老的服装设计师在丽兹大酒店后面的楼梯上遇到布兰琪时将她拦住。“我的一位女店员说你是犹太人,”可可•香奈儿提到了这一点,“你无法证明你是犹太人,对吧?”随后什么也没说。这是一种含有弦外之音的评语。布兰琪认为这句含沙射影之词有一种不祥的意味。人人都知道,凡事只要一涉及犹太人,香奈儿就不惜使用一些不正当手段。香奈儿的律师德尚布伦,也就是皮埃尔•拉瓦尔的时髦女儿乔茜的丈夫,正在帮助她把她的香水公司从犹太人生意合作者那里夺回来。香奈儿在20年代初期曾将一大部分股份卖给了他们。布兰琪本人并不是香奈儿特别喜欢的人。

羽田亨,景教経典志玄安楽経に就いて,東洋学報18(1),1-24,1929-8

德国人查看了布兰琪的证件,一切都符合技术要求。她的护照上多年来一直写着布兰琪•罗斯,天主教徒,来自美国俄亥俄州。然而她并不清楚克利夫兰市在地图上标在何处。没有人相信证件上写的内容。不知道为什么,此事没有进一步追究。因为她嫁给了一个法国公民,所以她可以留在巴黎。

重松俊章,唐宋時代の彌勒匪教,史淵3,1931

让弗兰克感到高兴的是布兰琪以前没有垮下来。他希望她现在也不会垮下来。但是,既然刺杀希特勒和戈林的秘密计划同大酒店里的房客有关,不难想象会有一位精明的盖世太保重新对她施加压力。

重松俊章,唐宋時代の末尼教と魔教問題,史淵12,1936

护照的事情已是旧闻。10多年前,弗兰克帮她伪造了那本护照。眼下他仍然帮那些需要离开被占领的巴黎的人伪造护照。弗兰克帮她联系上了一位名叫克里普的犹太人,此人收取了100美元费用,然后伪造了假证件,把布兰琪的年龄减去了几岁。后来她又在美国领事馆延长了护照期限。新护照完全合法。

神田喜一郎,「敦煌二十咏」に就いて,史林24(4),1939

麻烦的是,最近布兰琪同克里普有过合作。克里普也参加了秘密抵抗组织。他们需要他帮忙协助一位被击落的英国皇家空军机枪手逃出巴黎。布兰琪德语讲得同德国人一样好。在整个战争期间,她通过各种地下组织网络帮助被击落的同盟国空军战士逃出了敌占区。同盟国空军战士再次经常被击落,令人震惊。

神田喜一郎,素畫に就いて,東洋史研究5(3),193-195,1940-04

布兰琪已经身陷囹圄。麻烦的是,即使她在状态最佳的时候也表现得既不特别谨慎,又不特别可靠。她喜欢不合时宜地摆出一副蔑视一切的样子。正是这种做派造成了她目前的困难。这已经不是她第一次被盖世太保逮捕了。据一位知情者透露,6月6日那天她和一位名叫莉丽•卡玛耶芙的东欧女友在马克西姆餐厅用餐。当时盟军在诺曼底登陆的消息使德国人变得特别残暴。关于那次餐厅出事流传着各种不同的说法。有人说喝得微醉的布兰琪反复用德语要求乐队演奏《上帝拯救国王》,而且还抱怨新鲜牡蛎留给了德国人。还有人说布兰琪对两位同纳粹情人一起吃情侣午餐的法国女人突然发难,直言不讳地说她们是婊子、叛徒。布兰琪的侄子后来回忆说,她声称一名德国人对她说了一句“希特勒万岁”,她立刻把一杯香槟酒泼在了他的裆部。那些最了解她的人不相信别人说的这些事情真的令人遗憾地发生过。有关她数次被捕的传说常常是五花八门,杂乱纷呈。巴黎许多人都理解那种情感,但是将其大声地讲出来反倒不明智。

田阪興道,回紇に於ける摩尼教迫害運動,東方學報11卷1期(東京),1940-3

莉丽和布兰琪因不尊重德国人被送往臭名昭著的拘禁营地。从造成的直接后果来看,当时她们那样做的确不明智,不值得。现在她们都在接受调查。如果盖世太保发现她们暗地里都干过什么,最终她们都会被处决。除了她们以外,别人也要遭到牵连,丽兹大酒店大部分员工都可能跟着她们一起倒下去。

藤枝晃,景教瑣記,東洋史研究8(5-6),318-324,1944-03

西班牙内战期间,莉丽•卡玛耶芙曾在西班牙战斗过。现在她们又参加了巴黎的法西斯抵抗组织。另外她还同一些流亡的俄国电影制片人和演员有交往,这些人在20世纪20年代和30年代的巴黎同导演雅科夫•普罗塔扎诺夫合作过。也许她和布兰琪第一次相遇是在她1923年拍摄的影片《一夜情》的拍摄现场。影片中有一个女配角演员名叫布兰琪•罗斯,那是布兰琪•鲁宾斯坦在20世纪20年代使用的艺名。这个艺名最后又被她用在了那本假护照上。

佐伯好郎,西教東漸の跡を顧みて,史学研究(39),73-81,1949-10

无论她们当初怎么样见面,后来莉丽把她的老朋友布兰琪招进了抵抗组织。布兰琪装扮铁路工人的妻子把一些军事照片偷偷带出巴黎。对她们而言最危险的是,有一次莉丽把一位名叫温森佐的共产党战士藏在了丽兹大酒店414号房间,让他在那里养伤。有些酒店员工也知道这种情况。看门人把新钥匙交给她们。虽然克劳德对于她从事的神秘活动一无所知,当纳粹党怀疑有问题时,克劳德仍然替她做掩护。大家都竭尽全力不让玛丽-路易斯•丽兹了解到一点儿蛛丝马迹。她的儿子却说,她看到了“该死的一切情况”。

羽田亨,太秦景教大聖通真帰法讃及び大秦景教宣元至本経残巻について,東方学(1),1-11,1951-03

早晚都会有人警告玛丽-路易斯对德国人那么友好是危险的。

高井貞橘,ネストリウス破門の経緯について:景教正統論の序説として,明治学院論叢(22),47-61,1951-06

德国人已经怀疑布兰琪藏匿逃犯,从事政治恐怖活动。假如她现在撑不住垮下来,盖世太保决定对克劳德进行审讯,很多情况都会暴露。他已经被逮捕过一次,因为怀疑他同情共产党员。他没有参加巴黎的任何一个组织松散的运动,但是他却同一些酒店员工建立自己的抵抗组织,在丽兹大酒店安置一些“元首客人”时向同盟国提供情报。德国人猜测他是为英国情报机关效力。弗兰克和绰号“猎人”的酒店看门人雅克同为克劳德效力。

那波利貞,火の信仰に就いて,神道史研究1(3),248-265,1953

克劳德组建的抵抗组织是一个别出心裁的系统,利用酒店的各位瑞士联络人开展活动。克劳德同占领区的一个生意伙伴开展合作,经常从办公室里打电话,把密码情报轻松地传递出去。同克劳德接头的人把情报送到靠近瑞士边境的一位铁路工人那里。后者再把情报送到中立地区的同盟国特工人员手里。他们给每个德国军政要员都编了号码,有时密码通过水果或蔬菜的数量来编排。他们给德国元帅赫尔曼•戈林起了一个具有讽刺意味的绰号“土豆”。克劳德还设法动员巴黎的其他酒店经理加入抵抗组织。由于乔治五世酒店的经理拒绝加入,从此便结束了他们之间的友谊。返回搜狐,查看更多

茂泉昭男,マニ教論争に見られるアウグスティヌスの悪論の展開,東北学院大学論集(17),1954-12

责任编辑:

畑野忍,景教直接資料の研究,神学と人文大阪基督教学院・大阪基督教短期大学研究論集(1),1955-04

那波利貞,祆廟祭祀小攷,史窓(10),1956

龔天民,中國景教に於ける佛教的影響について,印度學佛教學研究6(1),138-139,1958

富山昌徳,平安・鎌倉時代の仏教説話中に見られる景教の影響について:ルカ伝の間接文献の紹介,日本仏教(7),45-57,1960-03

窪德忠,宋代における道教とマニ教,東洋史論叢:和田博士古稀記念,講談社,1961

香山陽坪,オスアリについて:中央アジア・ゾロアスター教徒の蔵骨器,史学雑誌72(9),1284-1298,1963-09

原田淑人,東と西(五)唐代小説杜子春伝とゾロアスター教,聖心女子大学論叢22,7-17,1964-03

池田溫,八世紀中葉における敦煌のソグド聚落(辛德勇譯,劉俊文主編『日本學者研究中國史論著選譯』第9卷,中華書局1993年),ユーラシア文化研究1,1965-11

木村信一,景教異端とそのシリヤ語QNOMA関する一考察,桃山学院大学キリスト教論集2,23-41,1966-03

小川陽一,敦煌における祆教廟の祭祀,東方宗教(27),23-34,1966-09

佐伯好郎,井出勝美(訳),極東における最初のキリスト教王国弓月,及びその民族に関する諸問題,史観(74),14-28,1966-10

須永梅尾,ファウストゥスとアガピウス:古代末におけるマニ教的異端の一考察,文化史学(23),20-32,1968-05

須永梅尾,ヨーロッパにおけるいわゆる「マニ教的」異端の系譜について,新潟青陵女子短期大学研究報告1,25-42,1970-03

大島春子,「二つの魂」説に見られるアウグスチヌスのマニ教解釈について,中世思想研究(12),47-70,1970-08

梅原猛,塔-21-広隆寺と景教-1,芸術新潮22(9),144-148,1971-09

梅原猛,塔-22-広隆寺と景教-2,芸術新潮22(10),163-168,1971-10

野村博,景教に就いて,東洋史苑4,25-30,1971-12

須永梅尾,「真珠の歌」とマニ教との間,新潟青陵女子短期大学研究報告3,15-28,1973-01

塚田康信,大秦景教流行中国碑の研究,福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(22),1-13,1973-02

大秦景教流行中国碑年表(貞観9〜中華民国54)(大秦景教流行中国碑の研究),福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(22),11-12,1973-02

塚田康信,大秦景教流行中国碑の研究:碑文の通釈,福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(23),63-74,1973

須永梅尾,”Handam”史料にみるマニ教の霊魂観,新潟青陵女子短期大学研究報告4,21-33,1974-02

竺沙雅章,喫菜事魔について(收入竺沙雅章『宋元仏教文化史研究』,汲古書院2000年),青山博士古稀紀念宋代史論叢,省心書房,1974

竺沙雅章,方臘の乱と喫菜事魔(農民戦争史の諸問題(特集)),東洋史研究32(4),21-43,1974-03

池田溫,沙州図経略考,『榎博士還暦記念東洋史論叢』,山川出版社,1975

森茂男,岡田明憲著『ゾロアスター教:神々への讃歌』,オリエント26(1),108-114,1983

須永梅尾,マニ教神話における2神とそのパルティア語讃歌,新潟青陵女子短期大学研究報告6,21-28,1976-03

石田幹之助,松本清張,火祆教教と中国文化,中央公論91(6),278-294,1976-06

藤井知昭,ゾロアスター教徒の衣裳:西アジア収集の回想,国立民族学博物館研究報告1(2),427-430,1976-07

須永梅尾,マニ教における「エノック書」とその底本について,新潟青陵女子短期大学研究報告7,29-35,1977-03

森安孝夫,ウィグルの西遷について,東洋学報59(1・2),105-130,1977-10

山本由美子,ゾロアスター教研究の一動向:M.Boyceの『ゾロアスター教史第一巻』を中心として,オリエント22(2),130-139,1979

片柳栄一,Jesuspatibilis:アウグスティヌスの接したヌミディアのマニ教の一断面,中世思想研究(22),25-47,1980

片柳栄一,アウグスティヌスとマニ教,商學論究27(1/2/3/4),641-660,1980-01

伊藤義教,再説「ゾロアスタ-教徒の来日」,朝日ジャ-ナル22(37),84-86,1980-09

中別府温和,聖なる火をめぐるゾロアスタ-教の宗教儀礼:マ-チ(maci)とジャシャン(Jasan)を中心として,宗教研究57(2),205-225,1983-09

加藤武,蜜日と宗教儀礼:日本におけるマニ教-1,立教大学研究報告·人文科学(43),140-122,1984

上岡弘二,メアリー・ボイス著/山本由美子訳『ゾロアスター教:三五〇〇年の歴史』,史學雜誌93(3),385-386,1984-03

岡田明憲,パールシーと神智学:ゾロアスター教近代化の一側面,オリエント28(2),66-77,1985

中別府温和,ゾロアスタ-教における死体悪魔(druxsyanasus)について,哲学年報(44),21-37,1985-02

長沢順治,マニ教の二元相克と詩,大東文化大学英米文学論叢(16),70-76,1985-03

山本由美子,ゾロアスター教のフラフストラ観,史學雜誌94(9),1421-1449,1548,1985-09

Immoos
Thomas,景教の碑文:異なる宗教と宗教が対話したとき,ソフィア35(1),97-101,1986

吉田豊,漢訳マニ教文献における漢字音写された中世イラン語について-上(内陸アジア言語の研究2),神戸市外国語大学外国学研究(17),1-15,表6枚,1986

吉田豊,漢訳マニ教文献における漢字音写された中世イラン語について(上),「内陸アジア言語の研究2」長田夏樹教授退官・退班記念篇,神戸市外国語大学外国学研究17,1-15,1987-03

須永梅尾,マニ教文学における讃歌と詩篇:マニの涅槃をめぐって,新潟青陵女子短期大学研究報告18,27-36,1988-02

河野一典,『創世記』冒頭をめぐるマニ教徒の問いの意味について:Augustinus,Confessiones
XI,10,12,中世哲学研究:Veritas7,61-65,1988-11

西脇常記,「大秦景教宣元至本経」残巻について,禅文化研究所紀要(15),107-138,1988-12

須永梅尾,マニ教学250年,新潟青陵女子短期大学研究報告19,1-12,1989-02

吉田豊,森安孝夫,麹氏高昌国時代ソグド文女奴隷売買文書,「内陸アジア言語の研究」4,神戸市外国語大学外国学研究19,1-50,1989-03

秋山光恵,「大秦景教流行中国碑」を訪ねて,神学と人文:大阪基督教学院・大阪基督教短期大学研究論集30,181-187,1990

菊地伸二,『マニ教徒に対する創世記注解』におけるordoの意味,中世哲学研究:Veritas9,64-68,1990-11

吉田豊,SundermannW,ベゼクリク・ベルリン・京都:ソグド文字によるマニ教パルティア語の賛歌,オリエント35(2),119-134,1992

寺島憲治,バルカンの新マニ教,現代思想20(2),173-179,1992-02

河野一典,アウグスティヌスにおける「地」(Genesis,1,1-2)としての質料:マニ教徒論駁の観点で,中世哲学研究:Veritas11,86-90,1992-11

加藤九祚,マニ教研究ノート,創価大学人文論集5,242-263,1993-03

吉田豊,中世イラン語と古代チュルク語:マニ教文献中の奥書2種,内陸アジア言語の研究8,127-133,1993-03

吉田豊,森安孝夫著『ウイグル=マニ教史の研究』,史學雜誌102(4),595-605,1993-04

梅村坦,森安孝夫「ウイグル=マニ教史の研究」,東洋史研究53(1),167-175,1994-06

岡田明憲,アルダ-・ウィ-ラ-フの書:ゾロアスタ-教徒の霊界旅行,ユリイカ26(13),342-350,1994-12

吉田豊,無常を説くマニ教ソグド語文書:京都大学文学部所蔵の写真資料から,オリエント37(2),16-32,1995

渡辺はるな,魔と犬:ゾロアスター教を中心に,比較思想研究22,168-171,1995

菊地伸二,『未完の創世記注解』における「創造」についての一考察:『マニ教徒を反駁する創世記注解』との比較において,中世哲学研究:Veritas14,96-103,1995-11

岡田明憲,ゾロアスター教の大女神:Armaiti,Aši,Anahita,オリエント39(1),85-99,1996

戸田聡,キリスト教修道制の生成とマニ教:エジプトとシリアの場合,日本中東学会年報(11),183-208,1996-03

島恭裕,マニ教細密画中の獣頭像に関する考察,民族考古:大学院論集3,132,1996-03

田辺勝美,ソグド美術における東西文化交流:獅子に乗るナナ女神像の文化交流史的分析,東洋文化研究所紀要(130),213-277,1996-03

岡崎和子,アウグスティヌスにおける意志の自由の問題:マニ教との関連で,北陸大学紀要21,181-191,1997

影山悦子,東トルキスタン出土のオッスアリ(ゾロアスター教徒の納骨器)について,オリエント40(1),73-89,1997

森泰男,「潔斎」(abstinentia)とは何か:『マニ教徒の習俗について』におけるアウグスティヌスのマニ教批判の一断面,西南学院大学国際文化論集11(2),1-13,1997-02

岡田明憲,ゾロアスタ-教における牛のシンボリズム,象徴図像研究(11),5-13,1997-03

森安孝夫,大英図書館所蔵ルーン文字マニ教文書Kao.0107の新研究,内陸アジア言語の研究12,41-71,1997-07

菊地伸二,魂の創造について:『マニ教徒を反駁する創世記注解』II,3、4〜8、11を中心に,中世哲学研究:Veritas16,99-109,1997-11

W・ズンダーマン,吉田豊(訳),マニ教と佛教の出会い:佛教がマニ教に与えた影響の問題,佛教文化研究所紀要36,11-22,1997-11

菊地伸二,〈翻訳〉アウグスティヌス『マニ教徒を反駁する創世記注解』(2),研究紀要19,177-206,1997-12

岡田明憲,ゾロアスタ-教の家族観,比較文明(14),18-27,1998

岡田明憲,イラン文化におけるゾロアスター教の意義,地域文化研究(3),92-101,1998

姜伯勤、池田温,介休の祆神楼と宋元明代山西の祆教,東洋学報80(4),423-450,1999-3

岡田明憲,拝火教とその教え,文化遺産(8),53-55,1999-10

青木健,第3回インド・ペルシア文化国際研究会議の報告:主にゾロアスター教研究について,オリエント43(1),179-185,2000

大多和明彦,東西文明とゾロアスター教,東京家政大学研究紀要1·人文社会科学40,1-7,2000-02

常塚聴,中国社会におけるマニ教の認識:唐から明までの漢文史料を中心に,東京大学宗教学年報(18),89-113,2000-3

田中かの子,現代ゾロアスター教の精神文化を理解するための基本的考察,駒沢大学文化19,53-82,2000-03

熊元和美,「モン・ブラン」とゾロアスター教,佛教大學大學院紀要28,71-84,2000-03

吉田豊,森安孝夫,ベゼクリク出土ソグド語・ウイグル語マニ教徒手紙文,内陸アジア言語の研究15,135-178,2000-10

青木健,中世ゾロアスター教の後継者:「シーラーズ系ゾロアスター教徒」の興亡,オリエント44(1),42-57,2001

小田壽典,トルコ語「八陽経」のマニ教的表現について,豊橋創造大学紀要(5),1-12,2001-02

Bravo Angel
J,ゾロアスター教:自由意志の宗教,神田外語大学紀要(13),153-227,2001-03

香月法子,今日のゾロアスター教徒,地域文化研究(5),90-107,2001-06

青木健,ゾロアスター教における経典の変容,宗教研究76(3),25-46,2002

青木健,近世ゾロアスター教の救世主思想:ゾロアスター教神聖皇帝の到来から宗教思想の変容へ,オリエント45(1),75-95,2002

青木健,伊藤義教著『ゾロアスター教論集』,オリエント45(1),229-235,2002

青木健,ゾロアスター教神秘主義思想の形成:イスラーム神秘主義の影響とゾロアスター教の伝統,東洋学報84(2),227-254,2002-9

大多和昭彦,ゾロアスター教の三位一体論,東京家政大学研究紀要1.人文社会科学43,12-18,2003-02

加藤智見,世界の信仰(6)宗教共存の可能性ゾロアスター教の信仰,大法輪71(8),194-199,2004-08

上岡弘二,イラン基層文化とイスラーム:ゾロアスター教からシーア派民間信仰へ,イスラム世界(63),41-45,2004-09

青木健,ゾロアスター教における聖地の概念:神宮階級の「移動する聖火」と平信徒の自然崇拝,宗教研究79(1),25-47,2005-06

浜田直也,景教経典「一神論」とその思想(特集共生する神・人・仏:日本とフランスの学術交流),アジア遊学(79),244-257,2005-09

清水義範,こぼれ落ちた世界史(24)「ゾロアスター教」の巻,エコノミスト83(52),40-41,2005-09

泉武夫,景教聖像の可能性:栖雲寺藏傳虚空藏畫像について,國華112(1),3-17,2006-08

高明潔,一神教土着化の合理性:中国ムスリムの信仰体系と宗教活動に基づいて,愛知大学国際問題研究所紀要(128),21-48,2006-09

濱田直也,景教經典「一神論」とその佛教的性格について,文芸論叢(68),61-75,2007-03

青木健,中国江南のゾロアスター教の可能性,宗教研究80(4),1120-1121,2007-03

大塚修,青木健著『ゾロアスター教の興亡:サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』,史學雜誌116(12),1972-1973,2007-12

榊和良,青木健『ゾロアスター教の興亡:サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』,宗教研究81(3),738-743,2007-12

青木健,イスラーム文献が伝える多様なゾロアスター教像:六-八世紀のアラビア語資料のゾロアスター教研究への応用,宗教研究81(3),653-674,2007-12

青木健,ゾロアスター教:中央アジアのアーリア人神官ザラスシュトラと彼の伝説,比較文明(24),65-79,2008

蓮池利隆,覩貨邏僧弥陀山と百万塔,佛教學研究64,A1-A20,2008-03

中野美代子,ザナドゥーへの道(2)碑文のなかの旅人:景教僧アロポン,ユリイカ40(6),39-47,2008-05

大貫隆,初期修道制とマニ教:ナグ・ハマディ研究の視点から,創文(511),1-5,2008-08

春田晴郎,青木健著『ゾロアスター教の興亡:サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』,オリエント51(1),201-207,2008

後藤敏文,アヴェスタ語:西欧文明に衝撃を与えたゾロアスター教のことば,言語37(12),80-83,2008-12

Ebert
Jorinde,吉田豊(訳),近年マニ教画と認定された大和文華館所蔵の絹絵についての覚え書き(大和文華館所蔵六道図特輯),大和文華(119),35-47,2009-02

Gulacsi
Zsuzsanna,田中健一,柳承珍(訳),大和文華館蔵マニ教絵画にみられる中央アジア来源の要素について,大和文華(119),17-34,2009-02

吉田豊,寧波のマニ教画いわゆる「六道図」の解釈をめぐって,大和文華(119),3-15,2009-02

蓮池利隆,常行堂の守護神・摩多羅神,佛教學研究65,65-78,2009-03

山田庄太郎,アウグスティヌスのマニ教理解について:『基本書と呼ばれるマニの書簡への駁論』,宗教学・比較思想学論集(10),17-28,2009-03

王振芬、孫恵珍,田村俊郎(訳),大谷探検隊将来品において新発見された景教の特徴をもつ地蔵麻布画についての考察:高昌ウイグル国時期の景教と仏教の関係,佛教文化研究所紀要48,178-191,2009-12

松村一男,青木健著『ゾロアスター教史:古代アーリア・中世ペルシア・現代インド』,宗教研究83(3),1002-1007,2009-12

山田庄太郎,アウグスティヌスによる悪の問題の克服:マニ教の克服と新プラトン主義の受容,哲学・思想論叢(28),21-34,2010-01

森安孝夫,日本に現存するマニ教絵画の発見とその歴史的背景,内陸アジア史研究(25),1-29,2010-03

山田庄太郎,アウグスティヌス時代のマニ教徒の自己理解について,宗教研究83(4),1563-1564,2010-03

山本由美子,呪われたもの:ゾロアスター教徒のアレクサンドロス観,季刊民族学34(2),50-53,2010

青木健,パールスィーの中国・日本来航:近現代の極東ゾロアスター教文化,アジア遊学(137),199-209,2010-12

岡田明憲,世界精神史におけるゾロアスター教:宗教思想の文化交渉面を中心に,アジア遊学(137),18-29,2010-12

山田庄太郎,ファウストゥスのマニ教理解について:アウグスティヌス時代のマニ教の一側面,宗教研究84(3),637-659,2010-12

張孝鉉,Nestorianism(景教)の東方伝播,文化継承学論集(8),84-70,2011

戸田聡,青木健著『マニ教』,オリエント53(2),142-148,2011

早瀬明,ゾロアスター教の根本教義を巡るKleuker·CreuzerそしてHegel:ロマン主義的なオリエント理解の枠組からの疎隔とZoegaからの影響,京都外国語大学研究論叢(78),51-70,2011

森田眞円,唐初の景教と善導大師,眞宗研究55,70-86,2011-01

栄新江,森部豊(訳・解説),新出石刻史料から見たソグド人研究の動向,関西大学東西学術研究所紀要(44),121-151,2011-04

世界初の揃い踏み!マニ教絵画のめくるめく世界,芸術新潮62(6),110-114,2011-06

森部豊,中国洛陽新出景教経幢の紹介と史料的価値,東アジア文化交渉研究(5),351-357,2012-2

古川攝一,マニ降誕図試論:元代マニ教絵画における位置づけを中心に,大和文華(124),11-22,2012-05

山口謠司,『景教研究関係論文目録稿(1)』,人文科学(17),41-48,2012-03

朴炫国,ソグド(Soghd)人の葬礼道具の考察:オクスアリ(Ossuaries)を中心に,国際文化研究17,11-24,2013-03

森安孝夫,東ウイグル=マニ敎史の新展開,東方学126,142-124,2013-07

森安孝夫,ウイグル=マニ教史関係史料集成,国際人文科学研究所紀要,1-137,2014

吉田豊,敦煌秘笈中のマニ教中世ペルシア語文書について,杏雨(17),324-317,2014

春田晴郎,青木健著『ゾロアスター教ズルヴァーン主義研究:ペルシア語文献『ウラマー・イェ・イスラーム』写本の蒐集と校訂』,西南アジア研究(81),51-61,2014

小山満,ササーン朝ゾロアスター教の強化による大乗仏教の東漸,シルクロード研究(8),1-12,2014-05

兼城糸絵,中国の「マニ教」に関する一考察:福建省霞浦県の事例から,人文学科論集:鹿児島大学法文学部紀要(80),41-54,2014-06

菊地伸二,「マニ教反駁書」における「意思」の問題,研究紀要36,53-61,2014-12

戸田聡,マニ教資料翻訳集成(1)リュコポリスのアレクサンドロス『マニカイオスの教説に対して』,北海道大学文学研究科紀要(146),209-239,2015-7

吉田豊、古川攝一,江南マニ教絵画「聖者伝図(3)」の発見と絵画の内容について,大和文華(129),25-41,2016-01

森部豊,中国におけるソグド人墓の発見とソクド石棺牀の復元,関西大学アジア文化研究センターディスカッションペーパー14,63-69,2016-03

妹尾達彦,シルクロードと長安のソグド人,東洋学報97(4),98-99,2016-03

石見清裕,ユーラシアの民族移動と唐の成立:近年のソグド人関係新史料を踏まえて,専修大学社会知性開発研究センター古代東ユーラシア研究センター年報2,5-16,2016-03

吉田豊,唐代におけるマニ教信仰:新出の霞浦資料から見えてくること,唐代史研究(19),22-41,2016-08

福島恵,唐代における景教徒墓誌:新出「花献墓誌」を中心に,唐代史研究(19),42-76,2016-08

岩本篤志,敦煌景教文献と洛陽景教経幢:唐代景教研究と問題点の整理,唐代史研究(19),77-97,2016-08

中田美繪,唐代中國におけるソグド人の佛敎「改宗」をめぐって,東洋史研究75(3),448-484,2016-12

藤原達也,ダエーナーとその図像表現:ゾロアスター教およびマニ教における死者の運命(死から生への眼差し),死生学年報,213-248,2017

渋谷裕子,福建省晋江市におけるマニ光仏(マニ教)信仰について,人文社会科学研究(57),97-128,2017-03

菅谷文則,ソグド楽器と天平楽器,EunarasiaQ7,14-23,2017-03

影山悦子,ソグドの歴史と文化,歴史と地理(704),39-42,2017-05

青木健,ゾロアスター教:一神教と善悪二元論の源流救世主思想にも大きな影響(基本書を読む:宗教、神話、資本論),エコノミスト95(18),84-86,2017-05

菅谷文則,シルクロードを支えたソグドと古代奈良,ユーラシア研究(56),28-32,2017-08

森田美樹,サンフランシスコ・アジア美術館所蔵の宗教絵画:マニ教絵画の可能性,大和文華(132),57-61,2017-11

吉田豊,貨幣の銘文に反映されたチュルク族によるソグド支配,京都大學文學部研究紀要57,155-182,2018-03

二、著作

佐伯好郎,『景教碑文研究』(大空社復刊1996),待漏書院,1911年。

P.Y.Saeki(佐伯好郎),『TheNestorianMonumentinChina』,England:S.P.C.K,1916年。

P.Y.Saeki,『TheLuminousReligion:astudyofNestorianChristianityinChina』,CareyPress,1925年。

佐伯好郎,『支那の景教に就いて』,日華學會,1931年。

佐伯好郎,『景教文獻及遺物目録』(丸善1950),私家版,1932年。

佐伯好郎,『景教の研究』,東方文化學院東京研究所,1935年。

矢吹慶輝,『摩尼教』,岩波書店,1936年。

P.Y.Saeki(佐伯好郎),『TheNestoriandocumentsandrelicsinChina』,TohoBunkaGakuin,1937年。

バッヂ著,佐伯好郎(訳),『元主忽必烈が欧州に派遣したる景教僧の旅行誌』,待漏書院,1943年。

佐伯好郎,『支那基督教の研究』(第1巻)唐宋時代の支那基督教,春秋社,1943年。

佐伯好郎,『支那基督教の研究』(第2巻)元時代の支那基督教,春秋社,1943年。

佐伯好郎,『支那基督教の研究』(第3巻)明時代の支那基督教,春秋社,1944年。

佐伯好郎,『支那基督教の研究』(第4巻)清時代の支那基督教,春秋社,1949年。

佐伯好郎,『支那基督教の研究(全4巻)』(増補改訂版全5巻,名著普及会1979),春秋社松柏館,1943-1949年。

佐伯好郎,『中国における景教衰亡の歴史・キリスト教の成立に及ぼしたるローマ法学思想の影響』,ハーバード・燕京・同志社東方文化講座委員会,1955年。

佐伯好郎,『ローマ帝国キリスト教保護規定の研究:ローマ法とキリスト教』,春秋社,1957年。

富山昌徳,『日本史のなかの佛教と景教:富山昌徳遺稿集』,富山さと,1969年。

羽田亨,『羽田博士史学論文集』下卷「言語·宗教」,同朋舍,1975年。

ジョン・スチュアート著,熱田俊貞、賀川豊彦訳,佐伯好郎校訂,森安達也解題,『景教東漸史:東洋の基督教』,原書房,1979年。

神直道,『景教入門』,教文館,1981年。

岡田明憲,『ゾロアスター教:神々への讃歌』,平河出版社,1982年。

メアリー・ボイス,山本由美子(訳),『ゾロアスター教:三五〇〇年の歴史』,筑摩書房,1983年。

岡田明憲,『ゾロアスター教の悪魔払い』,平河出版社,1984年。

神直道,『景教遺文の研究』,私家版,1986年。

李家正文,『天平の客、ペルシア人の謎:李密翳と景教碑』,東方書店,1986年。

矢吹慶輝,『マニ教と東洋の諸宗教:比較宗教學論選』,芹川博通校訂,佼成出版社,1988年。

岡田明憲,『ゾロアスターの神秘思想』,講談社,1988年。

森安孝夫,『ウイグル=マニ教史の研究』,大阪大學文學部紀要31/32,1991年。

法本義弘(編集),『佐伯好郎遺稿並伝』〈上・下〉,大空社,1996年。

山本由美子,『マニ教とゾロアスター教』,山川出版社,1998年。

R.C.フォルツ(Richard C.
Foltz),常塚聴(翻訳),『シルクロードの宗教:古代から15世紀までの通商と文化交流』,教文館,2003年。

川口一彦,『景教のたどった道』,キリスト新聞社,2005年。

貴田晃、山口謡司(編集),『大秦景教流行中国碑翻訳資料』,大東文化大学人文科学研究所,2007年。

青木健,『ゾロアスター教の興亡:サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』,刀水書房,2007年。

青木健,『ゾロアスター教』,講談社,2008年。

青木健,『マニ教』,講談社,2010年。

森部豊,『ソグド人の東方活動と東ユーラシア世界の歴史的展開』,関西大学出版部,2010年。

青木健,『古代オリエントの宗教』,講談社,2012年。

川口一彦(編著),『景教』(改定新装版),イーグレープ,2014年。

桑野淳一,『中国景教の故地を歩く:消えた十字架の謎を追う旅』,彩流社,2014年。

森部豊(編集),『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』,勉誠出版,2014年。

森安孝夫,『東西ウイグルと中央ユーラシア』,名古屋大学出版会,2015年。

石見清裕(編著),『ソグド人墓誌研究』,汲古書院,2016年。

原刊《2018敦煌學國際聯絡委員會通訊》,上海古籍出版社,2018年。

(感謝生海兄提供!)返回搜狐,查看更多

责任编辑: